シグマテック株式会社, Sigmatech,計測, USB AD, USB DIO, USB DA, PCI AD, ACCES,, 解析, PC104, IO, PC/104, データロガー, I/O, COM, MCC, ETX, COM Express, PC104 AD, PC104 DIO, アクセス, データ変換, ワッチドッグタイマ, CPUボード, EMBEDDED, アナログ入力, ディジタル入力, リモート, 制御, 組込システム, Computer Boards,



 弊社は、米国の計測・解析用ボード専門メーカー、
ACCES I/O Products Inc. の日本総代理店です
USB-DIO24-CTR6
6カウンタ付ディジタルI/O

詳細はこちら
WOULD YOU LIKE TO GROW A SUCCESSFUL TECHNOLOGY BUSINESS IN JAPAN ?
IIf you are a foreign company and looking for an opportunity to establish an office or even a sales presence in Japan, Sigmatech would like to help you get started.
Our service includes Complete Marketing Service, Business Incubation, Establish an Office and Office Management.
あなたは、真のマーケティング
(MARKETING) をご存知ですか?
WHERE TECHNOLOGY & MARKETING CONVERGE

ACCES社では、平成28年1月より製品購入時に同梱されていたソフトウェアCDの配付が終了する。これは、日々ソフトウェアのバージョンアップが行われているためで、製品導入時に最新のソフトウェアによるインストールを推奨しているためである。今後は、ACCES社ウェブサイトより使用する製品の最新ソフトウェアをダウンロードして導入および使用をお願いしたい。


ACCES社がUSB対応カウンタ付ディジタル入出力ボードを発表。24 bitの CMOS/LVTTL互換の高電流ディジタルI/Oで、6つのカウンタ/タイマを併せ持っている。製品は、高速機能のカスタムドライバを使い、一般的な処理数4,000回/秒のUSB HIDドライバに比べ50〜100倍も速い処理を実現している。カウンタ/タイマ機能の無い標準型USB-DIO24も準備。大きさはPC/104サイズと小型で、ボードのみのOEM版も提供している。


ACCES社がMini PCI Express 仕様のRS232/422/485シリアル通信用カード6種を発表。30 x 51mmと小型で4ポートと2ポートの製品を準備。 16C950クラスUARTでTXとRXそれぞれに128-byteのFIFOバッファが標準装備され、RS232で921.6Kbps(差動モード3Mbps)までのデータ通信スピードをサポートしている。RS232, 422, 485の各プロトコルはソフトウェアにより切り替えができる。また、絶縁型のmPCIe-ICM232シリーズ製品は、I/Oコネクタの全信号でポート・コンピュータ間は1.5KV、ポート・ポート間は500V絶縁の製品として提供されている。


ACCES社がイーサネット用の48chディジタルI/O製品を発表。どのコンピュータまたはネットワークにも接続でき、ポータブルで簡単に導入できる。 本ボードは、高電流の48または24 ビットのTTL互換ディジタルI/O ラインで、各8 ビットディジタルポートは入力または出力ドライブ用にプログラムにより設定。
全ての I/O ラインは、ソース電流32mAまたはシンク電流64mAを備えた 74ABT543A タイプのトライステート・バッファ・トランシーバで構成されている。


ACCES社がアンドロイド用RS-232シリアル通信アダプタを発表。ユーザーはアンドロイドデバイスから従来のRS-232製品を直接制御できる。ANDROID-232はアンドロイド オープン アクセサリー プロトコルを使用し、通常はUSBのスレープまたはOTGモードで制約があったアンドロイド製品のRS-232ポートを使用可能にした。本双方向データポートは外部ハードウェアがアンドロイドユニットを制御、または、アンドロイドユニットが外部ハードウェアを制御できる。


ACCES社が発表した新製品 104I-COM-8SM ファミリは、PC-104サイズのPCI規格で8、4、または2ポートのシリアル通信ボードである。8個の高速PCI UARTを搭載しており、RS-485/422 モードでは最大1.8432Mbps の通信スピードが得られる。また、RS-232における全信号ピンにおいて±15kV ESD 保護がなされている。